2018年1月16日火曜日

Boyish Archive ③1st Everything You Say発売まで 何事も初めては、時間がかかるもの




レコーディングスタジオ・ミックス・マスタリングの価格に顔が真っ青になっていたましたが、

このままではらちがあかないのでインターネットで調べることにしました。

(何事も"行動"することが大事ですね。)


意外にも格安でリハスタにて録音してくれるフリーのエンジニアを見つけることができました。

普段はホールなどでPAをしている方で大変温厚な方でした。

今でも非常に恩義を感じていて、連絡を取ろうとしても中々とれず疎遠になってしまいましたが。


ともかく新宿の某リハスタにて録音をすることになったのですが、

(アルバムジャケットの中の写真です)

中々思ったような音が録音できず、大変気をもみました。

今思えばリハスタの機材もかなりガタがきていて、それを無理やり使って録音していたので、

狙った音がでないのもあたり前だな、と思います。


あとは宅録でラインのギターの音ばかり聞いていたのでアンプをマイク録りした音に

どうしても慣れず、そこでも苛立ちを感じたものです。

今思えば目指そうとしたサウンドがキャプチャードトラックス系だったのに、

(彼らはおそらくラインで録音したギターをアンシュミなどで鳴らしていたのでしょう)

アンプ録音するものが当たり前だと思っていたので、狙った音が録音できないのもまた

自然な流れでした。


また、はじめての作品というのもあり目指したい音像に技術や機材的な問題も多くありました。

若気の至りからか周りの人に沢山迷惑をお掛けしたと思います。本当に申し訳ない。

(翻訳や作詞に関わってくれたS君など本当にありがとう、無理言ってばかりになってしまった

エンジニアのKさん、メンバーも、写真家のK氏もありがとうございました。)




しかしながら1年ほど苦心してなんとかリリースできた作品には思いいれもあり、

聞き直すとおっ、と思うところもあります。

よければ聞いてみてください。




また、この頃海外のCloudberry Recordsから7inchレコードを発売しました。

いま思えば一番バンドとしては乗っていた時期だったのかもしれません。

↓はCloudberry Recordsが作ってくれたPVです。



Boyish - The Hidden Secrets


(次作へ続く)





The Pains Of Being Pure At Heart - "Everything With You"


彼らは出てきた当初ネオシューゲイザーの括りの中に入っていたと思います。

確かに初期のMBVに近いサウンドでしたが、

その実はサラやギターポップバンドへの熱い敬愛があったのでした。


個人的には渋谷のタワーレコードのインストアに行ったり思い出深いバンドです。

(彼らは飛行機が遅れたという理由で曲を多めにやったり、終演後速攻ニコニコ客席に来たり

めちゃくちゃいい人でした。)


1stアルバムはレコードをかなり意識した曲順になっているのでレコードプレイヤーを持っている

人はレコードで聞いてみてください。印象が全然違うので。


2013年以降インディーポップという言葉は、ギターポップとすり替わる形であらゆるバンドに

形容されるようになります。またそれは別のお話(最近はシテイーポップ?)











2018年1月12日金曜日

Boyish Archive ②バンド結成まで インターネットは何を与えてくれたのか(あるいは失ったのか)





宅録で曲作りを続けていきBandcampやSoundcloudなどにアップロードをする日々を続けていましたが段々とSNS上で褒められたり海外のインディー系の音楽ブログで稀に褒められすることもありました。

(当時は全盛でした、インディーミュージシャンの音源がブログの紹介によって盛り上がり、レーベルからフックアップされる

流れがあったのです。後にSNSの普及などの要因により段々失速していきます。キャプチャードトラックスなどもその流れ
が当時あったと記憶しています。)

こうなるとバンドとして活動したくなってくるものです。ただ音楽友達が廻りに一切いなかったので、ある日薦められてから始めたTwitterというサービスからバンドメンバーを集めることにしました。


2012年付近はまだSNSが普及されておらずMixiが全盛でTwitterは一部の人しかやっていない雰囲気でした。

だからか不思議と気が合う人を何人かネット上で見つけることができました。
また、その人とは現行のインディーバンドが集まってイベントで会ったこともあり、気になっていた人でもありました。


こちらから連絡を取り、「やってくれないか」と連絡したところなんとOKを頂きバンドが軌道に乗り始めます。


(一緒にオールナイトのイベントに行って、終わったあと明け方永遠と山手線に乗り続けて喋っていたり

今思えば青春でしたね)

その人の友達経由でドラム、僕の知り合い(といってもネット上の)のベースを誘いメンバーも固まりました。



練習もコンスタントにしてライブも下手糞ながら数回やらせていただくことができました。

すると、もっと欲がでてくるものでメールで音源を日本のインディーレーベルに送ることにしました。

なんと幸運にもあるレーベルにリリースOKをもらい、そのままレコーディングが始まることになります。


しかしながら初ライブも右も左も分からない状況だったのにレコーディングとなると資金が必要になる!

と途方にくれ頭を抱えるのでした。


(つづく。)




          Friends - We'll Never Stay Together



日本のバンドで当時ここまで海外のバンドと共振したグループがいたでしょうか?

今聞いても新鮮なサウンドに聞こえます。(後に改名してTeen Runningsになります)
間違いなく後の日本のインディーバンドの先駆けかパイオニアと言っていいでしょう。
TennisやBest Coastと一緒に聞くとどうしても当時の事を思い返してしまいます。








        Sarah Records (1987-1995)


サラレコーズのジャケットのカッコよさには痺れてしまいます。

ローファイなサウンドが時代とマッチしていてよりその輝きは増して聞こえていました。
80年後期から始まった7inch中心のカタログを必死で集めていました。
2012年頃はまだ値段が落ち着いていた頃でキャプチャード勢の再評価のためか
ネコアコ関係のレコードは高騰していきます。







2018年1月10日水曜日

Boyish Archive ①宅録期 はじまり クリエイションレコードの落書きから



Boyishは2012年の春から自宅のパソコンの前で始まりました。

当時の2012年は新しい海外のインディーバンドやギターポップのバンドが

どんどんでてきたりBandcampやSoundcloudなどが続々出てくる
すごいワクワクする時代でもありました。

リバーブやコーラスを多用するバンドも多く、当時シューゲイザーバンド~ギターポップ

バンドが好きだったので毎日PCに張り付いて音楽を聴き続ける生活を送っていました。

(学生だったのでお金もなくレコード屋の視聴などもお世話になりました。

ここら辺は語ると長くなりそうなので割愛。でも一個の記事として後日書いてみたいです。)

これらのバンドへの強い憧れや共感から曲を個人的に作り始めました。


また、デジタル媒体の進出によって海外にレコード屋はなくなり

その反動でカセットやレコードの勢いを取り戻しつつある時代でもありました。


当時の機材は安い半壊状態のDELLのPCとRolandのオーディオインターフェイスでした。

とてもチープだったのでラグもすごく録音もするにも時間がかかったものです。

自分の中のオブスキュアなギターポップとシューゲイザーのサウンドをミックスして

海外風のバンドとして英詩でスタートするとコンセプトが決まりボーイッシュが始まりました。


この海外風にするのが中々難しく途中で挫折しました。

当時の海外インディープログにクリエイションレコードの落書きみたいな評価頂いたのを覚えています。


後にtwitterでバンドメンバーを公募してバンドとしてもスタートを切ります。

その話は次回で。ではまた。






Wild Nothing - Summer Holiday


オブスキュアなニューウェイプ+ギターポップ+4AD風なサウンド

と言ってしまえばそうかもしれませんがそんなバンドは今までいませんでした。
「過去のサウンドも組み合わせによっては新しいものになる」と証明したバンド(ソロユニット)だと思います。
この人やクラフトスペルズのようにマックブック1台とガレージバンドで作り上げてしまった
サウンドはこの時代の象徴と言ってもいいのでは無いのでしょうか?

おカネが無くてもローファイなサウンド自体を魅力にしてしまう彼らをすごくかっこいいなあ

と思ったものでした。






当時宅録した音源はほとんどこのCDに入っています。

元々はカセットとしてリリースしたものを、ほぼ全てまとめたものです。
よければ是非。



(後々追記予定)









2016年3月15日火曜日

5/25 New Album "Strings" 4/16 Single"S.S.L" OUT!

2016/4/16(土)発売
Boyish「S.S.L」
価格:¥1,350- +tax
商品番号:ARTBO-001
レーベル:bouquet
Side A
セカンドサマーオブラブ
Side B
S.S.L (in the blue shirt remix)
+ボーナストラック追加収録のDLコード付き
2016/5/25(水) 発売
Boyish「Strings」
価格:¥1,900- +tax
商品番号:ARTBO-002
レーベル:bouquet
1.カラーフィルム
2.セカンドサマーオブラブ
3.どこかへ行きたい
4.飛行機雲空に一筋
5.それはナイスジョーク
6.ドリーミンブギー
7.夏の歌を歌おう
8.長くくねった道
9.サ ンライズアップ
10.おやすみなさい
新生 、RECORD STORE DAY JAPAN 2016 に話題沸騰中の若手トラックメイカー in the blue shirt によるリミックス収録の7インチシングル『S.S.L』を 4/16 & ニューアルバム『Strings』を 5/25 リリース!Alpaca SportsやThe Pains of Being Pure at Heart、DIIV ら海外の現行インディーシーンと共鳴しながらも、80年代~90年代におけるC86等のUKギター・ポップ/ネオアコ、シューゲイザーの文脈を更新し続けてきた東京を拠点に活動しているインディーポップバンド  が、5/25(水)に新体制で3rdアルバム『Strings』をリリース!
本作はミックスエンジニアに岩田純也(triple time studio)、マスタリングに中村宗一郎(peace music)両氏を迎え、シンセやサックスに加えてフルートやストリングスを大胆に導入しバンドの新たな方向性、そして可能性を提示する意欲作。ジャズや ソウル等の音楽性を吸収したバンド史上最も豊かなサウンドでもって、成長していく中での瑞々しさと寂寥感が入り混じった刹那を切り取ってみせた現在までの彼らのキャリアを総括する内容になっている。
またアルバムリリースに先がけて 4/16(土)に行われる RECORD STORE DAY JAPAN 2016 に先行シングル『S.S.L』を限定7インチでリリース。この作品にはアルバムのリード曲である「セカンドサマーオブラブ」と、tofubeats のリミックスアルバム『POSITIVE REMIXES』に参加、現役の京大院生でもあり大きな話題を呼んだ天才トラックメイカー in the blue shirt による同曲のメロウ&センチメンタルなリミックスも収録。ボーナストラックを追加収録したダウンロードコードも封入される。

2015年6月9日火曜日

Everything You Say ※全和訳

Everything You Say / 全ては君のせい




1.Blindfold / 君の目隠し

彼女が僕の目を塞ぐ
ビーチに座って
また真っ暗になっている
なんて素敵なんだろう

君の答えを教えて
隠さないでくれ

彼女が僕の目を塞ぐ
海に座って

君の答えを教えて
隠さないでくれ



2.Favorite Badge/お気に入りのバッチ

僕に何が言えたんだろう?
君は長い髪を切る
何が言えたんだろう?
今日なんてすぐ終わる

僕のバッチを外してくれ
それはとてもとても、辛いけど
僕のバッチを外してくれ
僕は何も気にしないから



3.The Hidden Secrets/クリスティンの秘密

クリスティン!
気を楽にして
君は何か言いたそうだね
冷たくあしらうなんて覚えないでくれ

クリスティン!
気を楽にして
兄妹のやることじゃないだろう

何が彼女の心を変えたんだろう?

彼女は隠すべきだ
人生は君のものなんだ

何が彼女の心を変えたんだろう?

彼女は隠すべきだ
君のすごい秘密



4.Down By the Garden/恋と飛び降り

無駄な時間を送ってきた
日々に退屈を感じている
大きく呼吸をして
青春のドアを叩くんだ
今日

さあ恋に落ちて
見渡して
庭に飛び込もう

さあ恋に落ちて
見渡して
庭に飛び込もう

君と



5.Cupid/キューピッド

日曜日の朝
君は彼について話してきた
私は彼が好きでとても辛いの

日曜日の朝
君は電話してきた
私は彼が好きでとても辛いの
憂鬱だし気分悪いよ

君には誰が見えてるんだい?
僕はここにいるのに...

僕はキューピッドなんだ



6.Quarrel/友情の崩壊

ある朝のこと
君はヤツに会う必要ある?
レストランに行く時はなんか幸せだね?

朝のこと
ヤツに会う必要ある?
友情は水に流された

ああ、彼女にとってヤツの居場所が
特別でないことを願うよ!!



7.Waiting In the Summer/あの夏で待ってる

ハイランドレイクの抜け穴を通って
どこかワープできないか試してみた

僕らは夢の中でひとしきり
くだらないことを話し合った

長くは待てない
夢見がちな中    


漂って
落ちていった


大きいひこうき雲みたいに
浮かんでいる
見上げてごらん
すると誰かの顔が見えてくるだろう
いつだって
あの夜のことを覚えているよ
・・・・違うんだあれは事故なんだ
君を傷つけるつもりはなかった

僕はおかしいから
変わろうとした
恥ずかしいよ

君は漂って落ちている

僕はおかしくて
普通になろうとした
恥ずかしいよ

君は漂って落ちている



8.Couldn’t Remember/思い出せなかった人

僕たちはフリスビーを投げ合ってた
すぐまた一人になるんだろうけど
僕は知っていたんだ

突然、あのときの君を思い出した
だから好きになり始めたんだ

チャンスが欲しい
君は僕に似ているから
君が怖い時どんなときでも抱きしめるよ

夏の日差し
光よあれ!




9.Winter/奇妙な冬

太陽の下
起き上がって
さよならしよう
君が笑ってるとき
サインをだしたとき
ほら

僕は君のスマイルが分からない
分からないんだ



10.Crazy For You/クレイジーフォアユー

今晩は手を握ってくれ
今触れていいかな?

なんでか教えてよ
君は落ち込ませるね
世界中の狂人達

僕は太陽の下
君を待っている
メリーゴーランドみたいにね
なにも起きなかった人生!

君は完璧に僕を捕まえてしまった
君の心を教えないでくれ
いかれたみたい



11.Evergreen/エバーグリーン

暖かい日
キューピッドが尊いものを教えてくれた
太陽の下で眠ること
君をずっと見ていること
わかったよ
生きていける
この愛は死んだりしないから



12.Sha La La/シャララ

踊りたくない?
かわいい娘と遊びたいんだ
今は逃げないでくれベイビー


シャララ・・・

2015/6/10 iwasawa

2015年4月19日日曜日

Discographty

CD

LA LA LU[Compilation Album,CD(2015),Deadfunny Records] 




・Everything You Say [1st Album,CD(2013),Deadfunny Records] 


Sketch For 8000 Days Of Moratorium[2nd Album,CD(2014),Deadfunny Records] 


Other

・Kissing In The Sea[Demo Album(2012),K7,Ltd.100]

・The Hidden Secrets[Demo Album,(2013),K7,Ltd.50]

・POPLAR / SHIBUYA O-NEST" DEMO AND LIVE TAPE [Demo and Gig,K7+DVD(2013)]

・BELLAS MIXTAPE(Alpaca Sports)[V.A.,CD(2014)] ※アルパカスポーツのカバーアルバムに一曲参加

・Sketchbook/1990
Everything Issue[Compilation Album(2015),ltd.150]

2015年3月27日金曜日

LALALU (New Release!)

Boyish – “LALALU” (CASSETTE COLLECTION) / CD
release 1 April 2015
01. Blindfold
02. Cupid
03. Down By The Garden
04. Sha La La
05. Favorite Badge
06. Wating In The Summer
07. She Turns The World
08. Naïve
09. The Hidden Secrets
10. Quarrel
11. Crazy For You
12. Farewell Kisses
13. Couldn’t Remember
14. Dress Up, Make Up
15. Your Mystic Eyes
16. Shadow Of You
17. Mary, Mary
18. Obvious
19. Pleasant Girl Song
20. Sadness Arcade
21. Soccer Club
22.Summer Portraits
23. Everything You Say
24. 8000 Days Of Moratorium*
25. Sunshine (Blindfold)*
(*Bonus Tracks)

Photo by Akiko Yamauchi(Sugarfrost)